リルバーン帝国エステルプラッテ行政区

このblogに記載されている国家や人物、団体は全てフィクションです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

・首相官邸(議員食堂)
「6時のニュースです。レギンレイブ公国の大公ヴォルフ二世が、国内旧騎士階級政党「レクサス騎士同盟」の一青年の狙撃を受け、重症を負ったとの事です。容態は絶望的と見られており……」
首相
「それが世界の選択か……」(寂しそうに)
財務相
「……?」



首相
「…私だ。ヴェルスはどうやら、俺たちとやる気らしい…」
防衛相
「……!」
首相
「…ああ、解ってる。あいつなりの考えだな。ラ・ヨダソウ・スティアーナ(別れの合い言葉、意味はない)」

内務相外務相財務相防衛相陸軍司令空軍司令
「………………」

ラ・ヨダソウ・スティアーナ
BGM:パリは燃えているか
理の音楽倉庫:http://www.geocities.jp/ktwr0/
【√after and another】応援中!!
このページのトップへ
◇三州にて最高委員長壬生氏就任
先のシオン戦争の有志連合の発起人である三洲連合共和国。その三州にて新たな指導者として壬生正宣氏が就任した。我が国とは国交が無いため、首相個人の名で祝電を送る程度ではあったが、三州-シェイ教皇領との微妙な関係があるだけに注目せざるを得ない。
また、エステル外務省としては「隣国ヤードゴニエとのこれ以上の関係悪化には耐えられぬ」とコメント。三州との国交樹立は当分見送る方針だ。

◇遊覧船、Prinsess Adelhaid号運行開始。

エステルプラッテ観光局は今月、かねてから合同王国からの支援により建造していた豪華客船『Prinsess Adelhaid号』の完成を発表。ブリューヌ海沖を遊覧することになった。現在は人気が集中し、富裕層のみの利用に留まっているが、段階的に利用料を引き下げたいとの事。
首相
(…収入ログが一切無いじゃないの^^^^^;;;;; 何か条件があるの?)

◇政府専用車の中で
内務相
「ところで首相。今日もコミュニティページにログインできませんでしたな…」
首相
「まぁレンタルサーバーなんだから贅沢は言えないわよ。動くだけでも十分。まぁ…ゲーム本体のほうが負荷は大きいと思うんだけど」
防衛相
「しかしあの忌々しい英文メッセージ、あれはどんな意味なんです」
首相
「ああ、それはね……」

This page cannot be displayed due to an internal error.

If you are the administrator of this site, please visit the XOOPS Cube official site for assistance.

Error [Xoops]: Unable to connect to database in file class/database/databasefactory.php line 34


首相
「このページは、内部のエラーのために表示されることができません。

あなたがこのサイトの管理者であるならば、援助のためにXOOPS Cube公式サイトを訪問してください。

エラー[Xoops]:ファイルクラス/データベース/databasefactory.php第34行で、データベースに接続することができない

…って意味よ」
空軍司令
「ヤフー翻訳じゃないすか…」

◇ルブリー地区埋立開発開始。
◇エステルプラッテ国防軍再編成。二重帝国との緊張緩和が要因か。
◇クダスニクにて失踪事件が多発。
◇バロンシュレイヒ教徒による政府支持集会が開催。


BGM:パリは燃えているか
理の音楽倉庫:http://www.geocities.jp/ktwr0/
【√after and another】応援中!!
このページのトップへ
◇シオン国滅亡 - クダスニク時事新報社(ヴァレフォール暦14年12月
 資源問題からフェムトに侵攻し、長らく有志連合(我が国を含む)とアルベニック共和国との戦争状態にあったシオン国。勝敗が決した後もかの国は断続的な抵抗を続けていたが、ついに今期にて滅亡が確認された。
 シオン民族の多くはアルベニック共和国に保護されたが、同国は有志連合との関係が悪化しており、断交や資本凍結などの事態が発生している。

◇カザン首相、国連に補填求める
 シオン戦争の最中、国連運営部のメインコンピュータにてエラーが発生。我が国のGDP表示が正常に表示されず、保有兵器量が4294967295万tと計測された問題だが、その処理を巡って我が国政府と国連運営部が揉めている。
 国連運営部は我が国に対して兵器工場を一度白紙にし、保有兵器量をリセットした後に再度兵器工場を建設するように指示。運営部によって高速整地コマンドが実行され、兵器工場は更地にされた。
 我が国政府はシオン戦争の中で逼迫した財政を捻出し、8900億フェルを使って兵器工場を再建したが、その後8900億フェルの補填はされないまま今に至っている。
 カザン首相は記者団に対し、
首相
「よく考えたら高速整地で200億飛んでるし、兵器在庫も10tくらい飛んでるのよね。建設に1ターン使ってるし」
 とコメント。
首相
「何度も催促するのは気が引けるけど、仕様とか抜かしたら神罰が下るでしょう」
 とも笑顔で語る一幕も見られた。

◇ルクナレス連合発足、玲エ防衛協定
 シェイフィナリア教皇領が自存自衛の為の国家連合組織、「ルクナレス連合」の発足を宣言、各国に対し加入を促した。
 我が国は歴史的・宗教的背景やシルヴァレヌ=カザン協定もあり、発足前から事務レベル会談を続けていた為、いち早く連合加入の意志を示した。しかし、経済的事情により加入申請が遅れている。
 一方、我が国はグレートレイリル及びウェイランド合同王国(以下合同王国)と玲エ防衛協定を締結。名目はシオン戦争などへの対処である。合同王国とは先の内戦での治安維持や復興貢献、シオン戦争での情報提供、映画撮影などの民間交流などで関係が深まっており、今回の協定は両国の友好関係を表面化させたものと言える。

◇ヤードゴニエ、GDP序列一位に、アルベニックと接近か
 ヤードゴニエ社会主義共和国連邦のGDPがGDP:55119(+11861)と計測され、その急激な変化に各国が動揺している。
 同時期にアルベニック共和国から大規模な兵器供与があり、これがGDPの変動の直接の原因と見られる。
 有志連合との関係悪化が懸念されるアルベニックだけに、今後の動向が注目される。 このページのトップへ
◇焼け野原
首相
「えーっと、まぁ」
内務相外務相財務相陸軍司令空軍司令
「…………」
首相
「うん。つまり、そういうことね」

防衛相
「…首相。私には何故この様な状況になったのか理解できません」

首相
「まあ戦争ですもの」
首相
「防空レーダーサイトは南部工業地域にしかないし」
首相
「全部素通しになるのは仕様ね」
防衛相
「首都上空の防空網ががら空きというのは平時ならばまだいいとして…」
防衛相
「問題は、そんな状態でなんで宣戦布告などということに…orz」
首相
「ナルヴェの事情だからしょうがないのよ」

財務相
「こちらの被害は?」
内務相
「空爆そのものの被害は首相官邸と中央議会の壊滅だけで済み、民間人の被害者はゼロです。GDPもそれほど減っておりません」
内務相
「しかし、次のターン、無政府状態のフラグにて暴徒が出現。工場が破壊されて失業率が49%になっております」
首相
「うーん。職場でちょっと覗いてみたんだけど、ろぐいんして政府再建したほうが良かったわね…」
財務相
「至急、政府再建と工場建設を進めましょう。このままでは自らの国民に内部から崩壊されます」

首相
「それで、こちらの唯一の攻撃方法である陸軍派遣の結果は?」
防衛相
「わかりません」
首相
「え?」
防衛相
「強襲上陸までは通信は残っておりますが、現在ではシオンのマップを見ても生存が確認されておりません。交戦ログも残っておりませぬ故、シオンに問い合わせるしか…」
首相
「…………」

◇エステルプラッテ共和国、シオン国に派兵


一連のシオン戦役に於いて、エステルプラッテは「シルヴァレヌ=カザン協定」に基づき、シェイフィナリア教皇領の側に立って参戦を決定した。ただ先の内戦により熟練兵の多くが負傷、休養中であり、陸軍省は志願兵を募ってシオン派遣部隊を編制した。
派遣部隊の第一陣はパロンシュレイヒ信徒の子女たちも多数参加しており、内外で話題を呼んでいる。

◇シオンの通商破壊か - ブリューヌ海沖に海賊船出現
◇シオンの空爆。首相官邸爆破 - 民間人犠牲者はなし
◇シオンの強硬姿勢に進まぬ和平交渉

BGM:パリは燃えているか
理の音楽倉庫:http://www.geocities.jp/ktwr0/ このページのトップへ
◇ヴァレフォール暦14年8月[ターン1751](クダスニク時事新報社)
エレオノーラ・カザン首相は25日夜、シェイフィナリア教皇領より帰国。国民党党首と首脳会談を行い、内戦終結への調整を本格化させた。

首相はバロンシュレイヒ教民主主義党とエステル国民党の連立政権での新体制とする考えで、焦点の閣僚人事は半数を国民党からの入閣とする見通しだ。
共産党軍は投降が相次いでいる。実質的な戦闘行為はほぼ終息しており、事務レベルの会談も行われている模様だ。首相は「共産党のみに内戦の責任を求めない」と発言。バロンシュレイヒ教の枢機卿としての宗教的権威の影響も大きいと思われる。

一方、内戦初期による共産党の虐殺によりエステル社会民主党の議員は数を減らしており、野党へと転落することになった。欠員の補充選挙は近々行われる予定。

◇三洲連合共和国、シオン国と交戦状態に突入。オーファン、合同王国も参戦か
◇食料自給率低下 - 耕作地に適した面積僅か。穀物輸入依存状態へ。
◇映画『The Venomous Snake』撮影開始 このページのトップへ

Information

エステルプラッテ行政区
  • Author: エステルプラッテ行政区
  • An Esterplatte administrative section
    標語:
    国歌:「しおれない薔薇」
    国家元首:
    プリスフォーリア枢機卿
    首都:
    国家体制:宗教権威主義
    最大都市:
    主要産業:金融、観光
    宗教:パロンシュレイヒ教
    通貨:エステルマルク

    政策スライダー:
    民主主義◇◇◇◇◆権威主義
      左派◇◇◇◆◇右派
    開放社会◇◇◇◆◇閉鎖社会
    自由経済◆◇◇◇◇統制経済
     常備軍◆◇◇◇◇徴兵軍
     タカ派◇◆◇◇◇ハト派
    干渉主義◇◇◆◇◇孤立主義

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。