リルバーン帝国エステルプラッテ行政区

このblogに記載されている国家や人物、団体は全てフィクションです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
◆エレオノーラ・カザン首相、法王ベルニシェルス6世によって保護
 突然の大規模震災と、それに続く内戦勃発により生死不明とされていたエレオノーラ・カザン首相が、シェイフィナリア教皇領に保護されていることが本日、解った。カザン首相は数期ぶりに映像に現れ、国民に演説、国民党・共産党両勢力に戦闘の停止を呼びかけた。

◆国民党軍、国内重要拠点制圧

 震災より数期が経過している現在でも各所で戦闘は継続している模様。
 国民党勢力は首都及びハーヴェル鉱山を含む西部・中部地域を支配下に置き、共産勢力と交戦中の模様。

◆合同王国、邦人保護部隊を派遣
 国民党指導部の発表によれば、大レイリル及びウェイランド合同王国より邦人救出の為に一万人規模の合同王国軍が上陸した模様。
 これについては国内や共産党指導部より「売国行為だ」「独立性を危うくする」「合同王国のエステル侵略プロジェクトだ」と激しい反発が発せられた。
 共産党指導部は「グレートレイリルとその傀儡と化したエステル・ファシストに徹底抗戦する」と声明。

◆急激に進む市街復興。

 合同王国と安武皇国による復興資本投下により、我が国のGDPは急速に回復している。
 両国とも広報では人道援助、内戦不干渉を謳っているが、その恩恵を受けたのは主として国民党軍であり、早期の内戦の終息が期待される。

◆共産党軍、東部地域に撤退。
 国外勢力の間接的支援を得、結束も堅い国民党軍に対し、共産党軍内部では親ヤードゴニエ派と親日照派の対立、内ゲバが相次ぎ、その活力は次第に失われつつある模様。
 国民党の攻撃に対しては約二百万個の地雷を敷設して東部統括区に立てこもっており、ゲリラ戦術等を駆使して抵抗を続けている。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://veiros2.blog112.fc2.com/tb.php/11-fec9e659
このページのトップへ

Information

エステルプラッテ行政区
  • Author: エステルプラッテ行政区
  • An Esterplatte administrative section
    標語:
    国歌:「しおれない薔薇」
    国家元首:
    プリスフォーリア枢機卿
    首都:
    国家体制:宗教権威主義
    最大都市:
    主要産業:金融、観光
    宗教:パロンシュレイヒ教
    通貨:エステルマルク

    政策スライダー:
    民主主義◇◇◇◇◆権威主義
      左派◇◇◇◆◇右派
    開放社会◇◇◇◆◇閉鎖社会
    自由経済◆◇◇◇◇統制経済
     常備軍◆◇◇◇◇徴兵軍
     タカ派◇◆◇◇◇ハト派
    干渉主義◇◇◆◇◇孤立主義

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。