リルバーン帝国エステルプラッテ行政区

このblogに記載されている国家や人物、団体は全てフィクションです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
◇焼け野原
首相
「えーっと、まぁ」
内務相外務相財務相陸軍司令空軍司令
「…………」
首相
「うん。つまり、そういうことね」

防衛相
「…首相。私には何故この様な状況になったのか理解できません」

首相
「まあ戦争ですもの」
首相
「防空レーダーサイトは南部工業地域にしかないし」
首相
「全部素通しになるのは仕様ね」
防衛相
「首都上空の防空網ががら空きというのは平時ならばまだいいとして…」
防衛相
「問題は、そんな状態でなんで宣戦布告などということに…orz」
首相
「ナルヴェの事情だからしょうがないのよ」

財務相
「こちらの被害は?」
内務相
「空爆そのものの被害は首相官邸と中央議会の壊滅だけで済み、民間人の被害者はゼロです。GDPもそれほど減っておりません」
内務相
「しかし、次のターン、無政府状態のフラグにて暴徒が出現。工場が破壊されて失業率が49%になっております」
首相
「うーん。職場でちょっと覗いてみたんだけど、ろぐいんして政府再建したほうが良かったわね…」
財務相
「至急、政府再建と工場建設を進めましょう。このままでは自らの国民に内部から崩壊されます」

首相
「それで、こちらの唯一の攻撃方法である陸軍派遣の結果は?」
防衛相
「わかりません」
首相
「え?」
防衛相
「強襲上陸までは通信は残っておりますが、現在ではシオンのマップを見ても生存が確認されておりません。交戦ログも残っておりませぬ故、シオンに問い合わせるしか…」
首相
「…………」

◇エステルプラッテ共和国、シオン国に派兵


一連のシオン戦役に於いて、エステルプラッテは「シルヴァレヌ=カザン協定」に基づき、シェイフィナリア教皇領の側に立って参戦を決定した。ただ先の内戦により熟練兵の多くが負傷、休養中であり、陸軍省は志願兵を募ってシオン派遣部隊を編制した。
派遣部隊の第一陣はパロンシュレイヒ信徒の子女たちも多数参加しており、内外で話題を呼んでいる。

◇シオンの通商破壊か - ブリューヌ海沖に海賊船出現
◇シオンの空爆。首相官邸爆破 - 民間人犠牲者はなし
◇シオンの強硬姿勢に進まぬ和平交渉

BGM:パリは燃えているか
理の音楽倉庫:http://www.geocities.jp/ktwr0/
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

エステルプラッテ行政区
  • Author: エステルプラッテ行政区
  • An Esterplatte administrative section
    標語:
    国歌:「しおれない薔薇」
    国家元首:
    プリスフォーリア枢機卿
    首都:
    国家体制:宗教権威主義
    最大都市:
    主要産業:金融、観光
    宗教:パロンシュレイヒ教
    通貨:エステルマルク

    政策スライダー:
    民主主義◇◇◇◇◆権威主義
      左派◇◇◇◆◇右派
    開放社会◇◇◇◆◇閉鎖社会
    自由経済◆◇◇◇◇統制経済
     常備軍◆◇◇◇◇徴兵軍
     タカ派◇◆◇◇◇ハト派
    干渉主義◇◇◆◇◇孤立主義

Search

Calendar

07月 « 2007年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。