リルバーン帝国エステルプラッテ行政区

このblogに記載されている国家や人物、団体は全てフィクションです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
◇シオン国、安武皇国と国交樹立。食の交流。
・クダスニクにてNervil Oceanブーム。
 シオン国との燃料・食料のバーター取引によりエステルプラッテにはなじみの薄いシオンでの穀物、海産物が流入した。
 クダスニク市内ではシオン、安武等、Nervil Ocean料理店が相次いで開店。SUSHI、TENPURA、HUJIYAMA等がエステル人の胃袋に収まることになった。
 また、シオン通と呼ばれる外務相もこの件に関し、
外務相
「私もシオンの映画は大抵見ているよ。特にブルースリーはいいね。あれこそシオン人の典型じゃないかな」とコメントした。

・輸出されるエステルプラッテ料理
 エステルプラッテの宮廷料理が安武皇国等に輸出が開始された。
 ピロシキ、ボルシチ、フォアグラ、キャビア等、……エステルプラッテの食文化はヤードゴニエ料理とほぼ同じである。

◇工業化推進~埋立事業&ハーヴェル鉱山再開


 ヤードゴニエから借款と技術による埋立事業により、国土面積は48000平方kmに達していることが内務省より発表された。増え続ける人口を吸収するため、事業はなおも継続するとのこと。
 時を同じくしてグレートレイリルの鉱産大手M&S社がクダスニクに設立され、閉鎖されたハーヴェル鉱山の再開発が開始された。
 急速にGDPを伸ばす我が国ではあるが、同時に両国合わせ一兆二千億フェルにものぼる借款を抱えることになった。これはエステルプラッテの国家予算の数年分にも匹敵する額であり、今後の財政に影を落とす可能性がある。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

エステルプラッテ行政区
  • Author: エステルプラッテ行政区
  • An Esterplatte administrative section
    標語:
    国歌:「しおれない薔薇」
    国家元首:
    プリスフォーリア枢機卿
    首都:
    国家体制:宗教権威主義
    最大都市:
    主要産業:金融、観光
    宗教:パロンシュレイヒ教
    通貨:エステルマルク

    政策スライダー:
    民主主義◇◇◇◇◆権威主義
      左派◇◇◇◆◇右派
    開放社会◇◇◇◆◇閉鎖社会
    自由経済◆◇◇◇◇統制経済
     常備軍◆◇◇◇◇徴兵軍
     タカ派◇◆◇◇◇ハト派
    干渉主義◇◇◆◇◇孤立主義

Search

Calendar

06月 « 2007年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。